豊富な実績をご覧下さい。

お問合せ・御見積り

株式会社 美匠のブログページ

お問合せ・見積り・資料請求

0120-14-51-39(イシ コイ サンキュー)

見積・相談無料

墓じまい 株式会社 美匠TOP > ブログ > 墓じまいをした後、御遺骨はどうすべき?その方法をご紹介

矢印

ブログ

カテゴリ:墓じまい 更新日:

墓じまいをした後、御遺骨はどうすべき?その方法をご紹介

■はじめに

墓じまいした後の御遺骨の供養方法は、複数あります。

しかしながら、御遺骨の供養方法に関してよくご存知でない方も多いでしょう。

そこで今回は、墓じまいした後の御遺骨の供養方法についてご紹介致します。

 

供養方法

墓じまいした後の御遺骨の供養には、大きく分けて永代供養・手元供養・散骨の3つの方法があります。

そこで、ここでは3つの方法についてご説明致します。

 

1.永代供養

永代供養は、墓じまい後の御遺骨の供養方法で最もポピュラーな方法です。

永代供養とは、子孫による継承を前提とせず、主にお寺や霊園が供養することです。

今や、永代供養墓は、さまざまな形態があり、大きく分けて合祀墓・集合墓・納骨堂・個人墓・樹木葬の5つのタイプに分けられます。

 

永代供養の中でも、最も利用される方が多いのは合祀墓です。

合祀墓は、お釈迦像や観音像石碑などを供養塔として建立し、その下に遺骨を埋葬し、永代に亘り供養するというスタイルです。

 

2.手元供養

手元供養とは、故人の遺骨を「手元に置く」新しい供養の形のことです。

火葬した御遺骨を自宅に飾っておけるサイズの骨壷や、綺麗に洗浄した御遺骨をペンダントやブレスレットなどにして持ち歩いたり、オブジェにしたりすることができます。

手元供養にすると、御遺骨を安置している場所にわざわざ行かなくても、常に大切な人を身近に感じることができるのです。

 

3.散骨

散骨は、お墓を管理する必要ないため、最近注目されている供養方法です。

散骨には、「自然に還る」という意味合いがあり、なんだかロマンチックですよね。

 

散骨と言うと、海洋散骨を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、実は散骨には複数の種類があるのです。

たとえば、山に散骨する山岳葬や、自宅の庭などに散骨する自宅散骨などがあります。

また、故人の御遺骨をカプセルに納めてロケット等に載せ、宇宙空間に打ち上げる宇宙葬など、少し変わった散骨方法もあるのです。

 

■まとめ

このように、墓じまいした後の御遺骨の供養方法は複数あります。

ご自身にあった方法で、墓じまい後の御遺骨の供養ご検討ください。

 

株式会社 美匠は御遺骨をきれいに清潔に洗浄する洗骨や洗骨した御遺骨をパウダー状に仕上げる粉骨等の各種サービスをおこなっております。

特に、手元供養・散骨を選択されるお客様から、大変好評をいただいております。

ご興味のある方は、株式会社 美匠までお気軽にお問い合わせ下さい。

 

矢印

お気軽にお問合わせ下さい

無縁塔・石碑・墓石の解体移設や撤去、回収、運搬、リサイクル処分工事を致します。
墓じまい、お墓参り代行同行、お墓掃除代行同行、御遺骨・石碑の永代供養もお任せ下さい。

株式会社 美匠

※各種サービスに関するお問い合わせ、取材依頼などは「お客様サポートセンター」までご連絡下さい。

お客様サポートセンター
奈良県橿原市小房町9-24 オブジェかしはら [詳細・地図]
TEL:0744-25-0014 FAX:0744-25-1114 E-mail:info@bishoo.co.jp
本社
奈良県橿原市川西町928-15
TEL:0744-27-0014 FAX:0744-27-9914
東海営業所
三重県名張市新田字浄玄寺2934
TEL:0595-66-3914 FAX:0595-65-3607

一般建設業 とび・土工工事業 奈良県知事許可(般-29)第17191号

産業廃棄物収集運搬業 第182721号 産業廃棄物積替保管施設 三重県知事許可 第02418182721号

公益社団法人 大阪府産業廃棄物協会認定 廃棄物管理士 ID番号 059R12021F/058R12021F/056T15101F

古物商登録番号 三重県公安委員会 第551510056200号

金属くず業許可 奈良県公安委員会第48号

画面上へ