豊富な実績をご覧下さい。

お問合せ・御見積り

株式会社 美匠のブログページ

お問合せ・見積り・資料請求

0120-14-51-39(イシ コイ サンキュー)

見積・相談無料

墓じまい 株式会社 美匠TOP > ブログ > 墓じまい後に行われる散骨の種類と注意点とは?

矢印

ブログ

カテゴリ:墓じまい 更新日:

墓じまい後に行われる散骨の種類と注意点とは?

■はじめに

みなさん、こんにちは。

墓じまいには、大きく分けて永代供養、手元供養、散骨の方法があります。

もっとも利用者の多いのは永代供養ですが、最近散骨に興味を持たれる方が増えているのをご存知ですか?

 

散骨は、「自然に還る」という意味合いを持ち、なんだかロマンチックですよね。

実は、そんな散骨には複数の種類があり、また散骨を行う際には注意点も伴います。

 

そこで今回は散骨の種類と注意点についてご説明致します。

 

■散骨の種類

散骨の種類は複数あります。

故人の遺骨などをカプセルなどに納めてロケット等に載せ、宇宙空間に打ち上げる宇宙葬や、桜や花などの植木の下に御遺骨を埋葬する樹木葬など、一風変わったものも多いですが、ここでは散骨の中でもポピュラーな海洋散骨・山林での散骨2つの方法について説明致します。

 

・海洋散骨

海洋散骨は、海に故人の御遺骨を撒く方法です。

散骨といえば、海洋散骨を思い浮かべる方が多い通り、海洋散骨は散骨の中で最もポピュラーな方法です。

また、海洋散骨には、個別散骨と合同散骨、委託散骨の3つの種類があります。

 

・山岳葬

山岳葬は、山に散骨する方法です。

ご遺体を山へお連れして自然へ還すという葬送は、遥か昔から行われていた自然葬であり、時代が変わりご遺灰をお連れする形へと変化しましたが、人間の営みとしては最も古くから受け継がれているのが山岳葬といえます。

 

 

■散骨の注意点

ここでは、2つの注意点をご説明します。

 

・御遺骨を粉末化しなければならない。

これはすべての散骨方法に共通して言えることです。

 

・散骨を行う場所に気をつけなければならない。

たとえ粉末状にした御遺骨であっても、散骨する場所によっては、トラブルが起きる可能性があります。

例えば、海への散骨は、漁港区域や海水浴場ではできませんし、山への散骨は、民家の近くや他人の土地ではできません。

場所に気をつけないと、いくら自分たちが平気だと思って散骨をしても他人からすると許せない行為になってしまいます。

 

■まとめ

このように、散骨には複数の種類があり、また注意点が伴います。

ご自身にあった散骨方法を選び、散骨は注意点に従って行う必要があります。

 

株式会社 美匠では、御遺骨をきれいに清潔に洗浄する洗骨や洗骨した御遺骨をパウダー状に仕上げる粉骨サービスを行っており、散骨をされるお客様中心に大変好評いただいております。

散骨に興味のある方は、ぜひ株式会社 美匠までお気軽にお問い合わせ下さい。

 

矢印

お気軽にお問合わせ下さい

無縁塔・石碑・墓石の解体移設や撤去、回収、運搬、リサイクル処分工事を致します。
墓じまい、お墓参り代行同行、お墓掃除代行同行、御遺骨・石碑の永代供養もお任せ下さい。

株式会社 美匠

※各種サービスに関するお問い合わせ、取材依頼などは「お客様サポートセンター」までご連絡下さい。

お客様サポートセンター
奈良県橿原市小房町9-24 オブジェかしはら [詳細・地図]
TEL:0744-25-0014 FAX:0744-25-1114 E-mail:info@bishoo.co.jp
本社
奈良県橿原市川西町928-15
TEL:0744-27-0014 FAX:0744-27-9914
東海営業所
三重県名張市新田字浄玄寺2934
TEL:0595-66-3914 FAX:0595-65-3607

一般建設業 とび・土工工事業 奈良県知事許可(般-29)第17191号

産業廃棄物収集運搬業 第182721号 産業廃棄物積替保管施設 三重県知事許可 第02418182721号

公益社団法人 大阪府産業廃棄物協会認定 廃棄物管理士 ID番号 059R12021F/058R12021F/056T15101F

古物商登録番号 三重県公安委員会 第551510056200号

金属くず業許可 奈良県公安委員会第48号

画面上へ